たまごから新芽 初めての方へ 代表 有田和広よりメッセージ

有田和広

ようこそ、当ウェブサイトにお越しいただきありがとうございます。

株式会社日本BIP&コンサルティング・サービス代表取締役の有田和宏です。このページをご覧いただきありがとうございます。

当社は日本で唯一「新・人財育成・制度体系化コンサルティング」を推進するために設立されました。会社の理念や経験を法則に転換することでDNA化して貴社独自のカリキュラムを開発、インストラクター制度で全社へ波及する仕組みを作ります。熱意溢れる社員に成長の道を示し「人材」から「人財」へと仕組で変革させていきます。しかし、社員が成長し続けられる評価制度やキャリアパスが無ければ、当然ながら会社の成長は社員の成長であり、100年語り継がれることが出来る会社へなることはありません。その制度構築も行い成長し続ける、業界の見本となる会社へと導き、自立した組織の構築と業績の躍進を最大限に延ばすことで少しでも多くの企業に貢献することをミッションとしています。

中堅企業の経営者、および法人での「新・人財育成・制度体系化プログラム」の実務指導とアドバイスを行っています。まずは、当社の考え、事業に対する思いをご理解いただくために、少々長くはなりますが、最後までお読みいただきますようお願いいたします。

たった一つの仕組み化こそ、発展のカナメ── 企業DNAの増殖こそ、さらなる発展を生み続ける

20年あまりの実務経験の中で、皆様に常に質問してきたことが3つあります。それは「あなたの会社は何をしている会社ですか。」そして「何故その仕事をしているのですか。」最後に「問題だと感じていることはなんですか。」です。

多くの方が口にされる問題の半分以上が「人」に対する問題です。社員が育ってない、管理職は現場を見ていない、人材不足、従業員を管理できていない等、そのほとんどが人間関係や人材育成の社内環境についてです。このような環境の中で、「自分の会社が何をしている会社なのか。」また、「何故その仕事をしているのか。」という質問にはっきりと答えられない人が多くいるのも確かです。

これらの質問こそ原点であり、全社全員がはっきりと回答できるようになると、貴社の強みが全社全体で共有できることで、“勢い”を取り戻し熱意が溢れていきます。

このように、社長や「誰か。」に頼っていた依存型組織から、社長の想念を引き継ぎ実践、実効力を高める自立型組織最盛へとつなげていく一連の流れでとして、会社のリーダーである経営者のDNAである想い(理念やビジョン、ビジネスという手段を使って何を社会へ貢献するのか)と経営者を含む社内全体が志事(志を持ち事に当たる)への意義の明確化を図ります。その後、統一し、全社へ遺伝子の増殖と、遺伝子を行き渡らせていくための仕組み化をしてこそ、本来あるべき姿であり、それがベースにあるからこそ、優秀で伝説を生む社員が続出してくるのが、このプログラムです。

原点回帰の法則から忍耐という概念はなくなる── シゴトが志事に変革する瞬間!

先ほどの質問「何故その仕事をしているのか?」の回答を掘り下げていくと、必ず耳にする言葉が「我慢」や「忍耐」です。これらの言葉が存在するのは、「嫌なこと。」をする場合がほとんどで、その言葉の後ろには「しょうがないから。」と続くことがほとんどではないでしょうか。

社内や組織のルールや人間関係、職場環境に束縛され、本来やるべき事以外のものが増えているなど、色々な要因が考えられますが、その中でも「何故そのシゴトをしているのか?」の答えを出せるだけの材料をリーダーである経営者がしっかりと伝えられていないことにあります。

会社の伝統文化の継承や経営者の想いを温故知新の側面を取り入れ、プログラムとして仕組化することで、経営者の思想を具現化する優秀な人財を増やすことができ、その思想の遺伝子を引き継いだ人は、人材から「優秀な人財」へと、シゴトから「志事。」へと変わっていきます。志事とは、志を持ち事にあたる、それは例えるならば、誰にでも経験のあることだとは思いますが「好きな事であれば寝食を忘れて没頭する」状態です。好きなことを何時間でも「忍耐」という概念がなく続けていたのではないでしょうか。

変革が起こり、頭角が出てきた時こそやるべき事── 適財適所

どうも私は人を「材。」と置き換えることを嫌う傾向があり、それは「材料」の「材。」ともとられ、「材料=いつでも変更可能」という認識がそうさせるようですが、その概念は、「会社」という創造と理念の中だけに存在するものを作っているのがそもそも「人」だからだと思います。人と人のつながり、それはご縁でもあり、それはお互いの人生の大部分を「会社。」という創造と理念の場所で「色々な事を共有し、互いに成長し合い、社会に貢献する」形をとっているだけであり、その一番カナメである、「人間臭い」部分は必ずと言っていいほど関わってきます。命の時間を共有している、と言っても過言ではないかと思っております。

変革は、シゴトが志事化した時に起こります。それは、人それぞれその人に合ったものや誰よりもうまくできる事、活きいきとすることが表に出始めます。いち社員から「自立した優秀な人財」へ、その責任や危機感は自ずと大きくなり、志や真の目的が明確化され、「まさに自分事。」としてやりがいをもって仕事にあたるようになります。

「想い」を形に、伝えることこそ究極の形──「想い。」が「価値。」となり「信頼。」を生む

勝因である、“勢い”が社内に漲り実効力と結果を生み出す仕組みは、ビジョンが共有され、その想いに共感・感動した時、志(こころ)の変化が行動の変化となって表れ、社内に“勢い”がつき、負けない体質へと変化していきます。効率化、品質はおのずと上がり、業績はほぼ間違いなく向上していきます。

残念なことに、多くの企業では、優秀な人材を教育することによってノウハウのみの教育を行う「ただ任せて形だけの教育で自立を促進」をしているだけで、簡単に業績は伸びません。

貴社のコアの志事(志と行動力)とそこにかける経営者の各々の心に秘めている想いにおける運営および経営の型を知らなければ長期的な発展は望むべくもないのです。教育だけの制度ではなく、共育(ともにそだつ)化をすることで、本当の志事の意味が理解でき、全社一人ひとりの誇り、会社への誇り、社会への誇りを持てるようになり、一人ひとりのヴァリュー(価値)が上がり、会社はブランド力を持ち始め、おのずと「自分たちがどういう想いで、何を、何故しているか。」を語り始めます。

新・人財育成・制度体系化プログラで強い会社の要諦を築きあげるカナメ

強い会社の要諦を考えるとき、原点は「人。」であり、「人」から始まり「人」で終わる、と言っても過言ではないでしょうか。会社を創っているのは「人」であり、お客様は必ず「人が関わる」という事から、強い会社の要諦は、この一言に行き着くのではないでしょうか──

「経営者の理念をDNAと化し、実行できる優秀な人財を会社の隅々まで伝え続けていけること。」

「不老長寿の薬。」という言葉がありますが、これは「人間は必ず死を迎え、人間の死には2つの死がある。」ともいわれます。一つ目は、肉体的な死。もう一つはアイデンティティの死です。肉体は滅びても、優しく時には厳しく語られた「想い。」は心から心へと伝わり時代を超えて語り継がれていくことで、アイデンティティの死は訪れません。

と、すれば経営のノウハウや理念とビジョンという情報をしっかりと記録、整理統合し、常に最新の状態で活用できるようにしておかなければ理念のDNA増殖(新規ビジネスや新部門設立、FC展開などを含む)する際に必ず劣化していきます。最悪の場合“がん化”し、そこから本体を蝕んでいき、組織を破滅へと導きます。

「新・人財育成・制度体系化プログラ」では、まず人財育成・制度体系化についてのスキルを把握し、体系化し、まとめあげて軸を中心に遺伝子を作ります。

そしてコアとなる、会社理念やビジョン、経験、ノウハウの全体像把握と体系化をおこない、貴社の強みをはっきりとさせ、独自の型を作り上げます。これをDNA化と呼びます。

そのうえで、いち社員を「自立した優秀な人財」へとレベルアップを促し、組織を健全な成長へと導きます。

貴社に於けるコアとなる、経営者の理念やビジョン、経験、ノウハウをしっかりと全社一人ひとりに浸透させることで、強い会社を作り上げる要諦が出来上がります。そのノウハウを新規事業の立ち上げや新部門の設立、やFC展開の基準として展開できるプログラムとなっています。

一番のポイントは、与えられたマニュアルではなく、全社の優秀な方たちが自らの手で「オリジナルの新・人財育成・制度」ブックを作り上げ、それをもとに貴社の優秀で伝説を生む人財を仕組化で増殖させ、業績を躍進させることにあります。

以上のように当社では、貴社の本質的な価値を上げ、長期的な成長ができるようなコンサルティングを行っております。

これをすれば簡単に優秀な人財が生まれる、などというノウハウや考え方だけの安易かつその場しのぎのメニューは残念ながら用意しておりません。

永くお客様に愛され、ビジネスという手段を形にし、伝えて、社会貢献としての使命を全うしたい方は是非当社をお訪ねください。

一緒に成長できるパートナーを心よりお待ちしております。

株式会社日本BIP&コンサルティング・サービス
代表取締役社長 有田 和広